気になる病状、病名・お近くの病院をらくらく検索。医療の総合ポータル「CAREWAVE(ケアウエイブ)」

医療の総合ポータル「CAREWAVE(ケアウエイブ)」
CAREWAVE病状キーワード検索
CAREWAVEホーム 病院検索 介護施設検索 病状検索 コミュニティー
  2012年5月21日

 糖尿病の予防には


1日に日本茶を6杯以上、もしくはコーヒーを3杯以上飲む人は、ほとんど飲まない人に比べ、2型糖尿病にかかるリスクが4割ほど低くなる、というニュースがありました。
これは、糖尿病予防にカフェインが効果的、ということを意味しています。

糖尿病とは、何らかの理由でインスリンが不足したことで、血糖値が上昇してしまった状態のことです。
また、インスリンとは、血液中のブドウ糖をエネルギーとして取り込むために必要とされるホルモンのことで、これが不足すると血液中に過度にブドウ糖が増えてしまい、血糖値が上昇してしまうんですね。

そもそも、糖尿病は生活習慣病の一種ですが、結構身近な病気なんです。
実際、成人の6人に1人は糖尿病患者、もしくはその予備軍になっていると言われています。ですから、日本茶やコーヒーを飲む以外でも、日ごろから予防を心がけたいですね。

それでは、糖尿病の予防をするためにはどうしたらよいのでしょうか?ポイントは3つほどあります。

まずは食生活です。
栄養のバランスが悪かったり、そもそも食べ過ぎているといったことは、糖尿病のリスクを高めます。
1日三食、栄養素のバランスを考えて摂取し、塩分や動物性脂肪の取りすぎに注意しながら、食べすぎにも注意する。糖尿病以外の食事指導でもこれらのことはいわれると思いますが、糖尿病にも効果的なんですね。また、間食もあまりおすすめできません。

次は、たばことお酒です。
タバコは吸わないことが薦められます。そして、お酒も過度に摂取しないことが基本です。
禁煙をするだけでも血糖値を下げることができるといった研究結果があるほど、たばこと血糖値は大きな因果関係があります。

そして、運動です。
運動を習慣付けることが、肥満を予防し、それが糖尿病予防にもつながります。
毎日運動をすることは理想的ですが、最低でも週に3日は、散歩などの軽い全身運動を行いましょう。1回当たり30分が目安です。

ところで、糖尿病には2つの種類があり、今回取り上げているのは2型糖尿病と呼ばれるものについてです。

1型糖尿病とは、インスリン依存型糖尿病や若年型糖尿病と呼ばれているもので、インスリン分泌細胞が破壊されてしまったことでインスリンを作ることが出来なくなることから来る糖尿病です。
それに対し、2型糖尿病とは、インスリンは本来不足していないにもかかわらず、血糖値が上昇してしまっている状態をさします。2型は、1型をインスリン依存型糖尿病と呼ぶのに対してインスリン非依存型糖尿病とも呼ばれいて、一般的な糖尿病はこれになります。

糖尿病は、それ単体では大きな症状が現れることはまれです。しかし、糖尿病は大きな合併症を引き起こすリスクが高くなり、自覚症状がないからといって放置していると大きな障害が起こってしまうことにつながります。ぜひ早めに対処するために、人間ドックや各種検査を受けることがお勧めです。


| CAREWAVEについて | 広告掲載について | 運営会社概要 | 免責事項・ご利用規約 | お問い合わせ | 新規病院登録/変更登録 |