病名・症状名 緊急度
更年期障害(こうねんきしょうがい) 1
更年期障害とは、閉経の前後に卵巣機能が衰え、女性ホルモンのエストロゲンが少なくなることによって起こる症状全体を指します。上半身が火照る、腰痛、頭痛、発汗、めまい、息切れ、不眠、しびれなどが主な症状です。
診療科
産婦人科 婦人科


※緊急度について
0:病院にかかる必要性はないと思われますが、まず様子を見て、気になる場合は受診した方がいいでしょう。
1:症状がひどい場合は受診しましょう。夜間の場合は、まず症状を確認し、緊急性が低い場合は翌朝受診しましょう。
2:できるだけ早く病院を受診した方が賢明です。場合によっては救急車を呼ぶなどしたほうがよいでしょう。




(C)2004- CAREWAVE All Rights Reserved.