病名・症状名 緊急度
イソフラボン 0
ポリフェノールの一種で、大豆胚芽に多く含まれています。イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることがわかっており、骨粗鬆症や更年期障害などの婦人病や、前立腺がん、動脈硬化の予防にも有効です。
診療科


※緊急度について
0:病院にかかる必要性はないと思われますが、まず様子を見て、気になる場合は受診した方がいいでしょう。
1:症状がひどい場合は受診しましょう。夜間の場合は、まず症状を確認し、緊急性が低い場合は翌朝受診しましょう。
2:できるだけ早く病院を受診した方が賢明です。場合によっては救急車を呼ぶなどしたほうがよいでしょう。




(C)2004- CAREWAVE All Rights Reserved.